署名活動への協力のお願い

大寒の候,皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は協会運営にご理解ご協力いただきありがとうございます。
先日は、協会で請願書の署名のお願いをしたところ、積極的に活動をしていただき
ありがとうございました.
おかげさまで 9,000 名を越える署名を集めることができました。
国会へ、京都からの声として、提出させていただきます。
また、福祉用具国民会議より全国で 100 万人を目標にした署名がありますので、
協会としましても積極的に協力をさせていただく考えでいます。
2018 年度財務省改革案の中で「軽度者に対する生活援助の原則自己負担(一部補助) 化・福祉用具貸与・住宅改修に係る価格及びスペックの見直し、
原則自己負担(一部補助)化」になれば、福祉用具が利用できなくなり、
その結果転倒、骨折、そして寝たきり等重度化し、住み慣れた地域で安心して生活が出来なくなることが、考えられます。
他団体とも協力しながら、福祉用具の重要性を、世論に訴えていこうと考えています。
署名活動の締め切りは 2016 年 2 月末2016 年 6 月末、そして最終 2016 年 12 月末の 3 回になります。 御世話になりますがよろしくお願いいたします。
署名用紙はこちらよりダウンロード下さい。
>>2016.02.05国民会議署名案内文・署名用紙